トップ

ゲームを高く売る

新しいゲームに高値が付くのが大原則

期間で決まるゲーム買取

ゲームを趣味として楽しんでいる人は多いでしょう。しかし、一度クリアしてしまえば、あとはやらないという人が大半かと思います。遊ばなくなったゲームソフトは、自宅に保管しておくよりも、中古として売った方がお得です。ゲーム買取の方法ならこちら。

ゲームを実際に中古ショップに売ったことのある人の中には、かなり安い金額でしか買い取ってもらえなかったという経験をしたことのある人もいるでしょう。逆に、意外と高く買い取ってもらえた人もいるかも知れません。

ゲームソフトの買取価格は、基本的に新しいものほど高くなります。希少価値のあるソフトやプレミアが付いているソフトなど例外も見られますが、基本的には発売後あまり日数が経過していない最新のソフトが高く買い取ってもらえます。そのため、発売日にゲームを購入して、なるべく早くクリアして売るのがもっともお得なやり方です。

特に発売日から2週間以内であれば、かなり高い値が付きます。2週間を経過すると若干値が下がりますが、それでも1か月以内であればそれほど大きく値下がりすることはありません。できれば発売後2週間以内、遅くても1か月以内に売るのがいいでしょう。1か月を過ぎると最新作という扱いではなくなってしまい、高価買取リストからも外されることが多いです。

人気のあるソフトなら、発売後だいぶ期間が経過していても高く売れるのではないかと考える人もいますが、逆に多く売れた作品ほど値下がりしやすい傾向が見られます。多く売れた作品は中古も多く出回るためです。特にRPGのゲームはその傾向が強く、ドラゴンクエストやファイナルファンタジーのシリーズにもそういった傾向が見られます。またスポーツゲームなどで、タイトルに年代が入っているソフトも、他のソフトと比べて短期間で値下がりしやすい傾向にあります。